1. 人生を語らず歌詞

「人生を語らず」の歌詞 吉田拓郎

1974/12/10 リリース
作詞
吉田拓郎
作曲
吉田拓郎
文字サイズ
よみがな
hidden
朝日あさひのぼるから
きるんじゃなくて
目覚めざめるときだから
たびをする
おしえられるものに
わかれをげて
とどかないものを
身近みぢかかんじて
えてけ そこを
えてけ それを
いまはまだ 人生じんせい
人生じんせいかたらず
あらしなか
ひと姿すがたたら
えいるよう
さけびをきこう
わかりうよりは
たしかめこと
季節きせつのめぐるなか
今日きょうを たしかめる
えてけ そこを
えてけ それを
いまはまだ 人生じんせい
人生じんせいかたらず
あのひとのための
自分じぶんなどとわず
あのひとのために
こと
そらことよりは
をはうために
くちざすんだ
臆病者おくびょうものとして
えてけ そこを
えてけ それを
いまはまだ 人生じんせい
人生じんせいかたらず

おそすぎることはない
はやすぎるふゆよりも
始発電車しはつでんしゃ
かぜってすすめ
まえのコップのみず
ひといきにのみほせば
きずもいえるし
それからでも
おそくはない
えてけ そこを
えてけ それを
いまはまだ 人生じんせい
人生じんせいかたらず
いまはまだまだ
人生じんせいかたらず
まえにも
まだみちはなし
えるものは すべて
さぐりのなか
見知みしらぬ旅人たびびと
ゆめおおかれ
えてけ そこを
えてけ それを
いまはまだ 人生じんせい
人生じんせいかたらず
えてけ そこを
えてけ それを
いまはまだ 人生じんせい
人生じんせいかたらず