1. 唇をかみしめて歌詞

「唇をかみしめて」の歌詞 吉田拓郎

1982/3/21 リリース
作詞
吉田拓郎
作曲
吉田拓郎
文字サイズ
よみがな
hidden
ええかげんなやつじゃけ
ほっといてくれんさい
アンタと一緒いっしょ
きとうは ありません
どこへくんネ
なんか エエこと あったんネ
になったら
手紙てがみでも しんさいや
季節きせつもいくつか
たずねてたろうが
ときくのも
ワカランくらい
まぐるしかったんじゃ
ひときやけネー
ひときやけネー
さばくも さばかんも
そらまかしたんヨー
ひとがおるんヨネー
ひとがそこに おるんヨネー
なんかはワカラン
りんものが あったけん
きてみたんも
ゆるされることじゃろう
自分じぶん明日あしたさえ
うつりもせんけれど
おせっかいなやつやと
わらわんといてくれ
理屈りくつあいなど
にできるもんならば
このをかけても
すべてをてても
幸福しあわせになってやる
ひとくんヨネー
ひとくんヨネー
えらぶも えらばれんも
かぜまかしたんよ
ひとがおるんヨネー
ひとが そこにおるんヨネー

こころさむすぎて
たびにも れなんだ
アンタはきんさい
とおくへきんさい
なんもなかったんじゃけん
ひとびよるネー
ひとびよるネー
くんもとどまるも
それぞれのみちなんヨ
ひときとるネー
ひとがそこできとるネー
ひとがおるんよネー
ひとがそこにおるんヨネー