「旅の宿」の歌詞 吉田拓郎

1972/6/21 リリース
作詞
岡本おさみ
作曲
吉田拓郎
文字サイズ
よみがな
hidden
浴衣ゆかたのきみは
尾花すすきかんざし
熱燗徳利あつかんとっくりくび
つまんで
もういっぱい
いかがなんて
みょうにいろっぽいね
ぼくはぼくで
趺坐あぐらをかいて
きみのほほみみ
まっかっか
あゝ風流ふうりゅうだなんて
ひとつ俳句はいくでも ひねって
部屋へやあかり
すっかりして
風呂ふろあがりのかみ
いいかお
上弦じょうげんつき だったっけ
ひさしぶりだね
月見つきみるなんて

ぼくはすっかり
っちまって
きみの膝枕ひざまくら
うっとり
もうみすぎちまって
きみをにも
なれないみたい