1. 春だったね歌詞

「春だったね」の歌詞 吉田拓郎

1990/9/15 リリース
作詞
田口叔子
作曲
吉田拓郎
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくわすれたころ
きみわすれられない
そんなぼく手紙てがみがつく

くもりガラスのまどをたたいて
きみ時計とけいをとめてみたい
あゝぼく時計とけいはあのときときのまま
かぜきあげられたほこりのなか
二人ふたりこええてしまった
あゝ あれははるだったね

ぼくおもになるころ
きみおもにできない
そんなぼく手紙てがみがつく

かぜれるタンポポをそえて
きみなみだをふいてあげたい
あゝぼくなみだはあのときのまま
ひろ河原かわら土手どてうえ
ふりかえりながらはしった
あゝ あれははるだったね

ぼくわすれたころ
きみわすれられない
そんなぼく手紙てがみがつく

くもりガラスのまどをたたいて
きみ時計とけいをとめてみたい
あゝぼく時計とけいはあのときのまま
かぜきあげられたほこりのなか
二人ふたりこええてしまった
あゝ あれははるだったんだね