「流星」の歌詞 吉田拓郎

1979/5/5 リリース
作詞
吉田拓郎
作曲
吉田拓郎
文字サイズ
よみがな
hidden
たとえばぼく
まちがっていても
正直しょうじきだったかなしさが
あるから
Ah ah wow wow wow
ながれて
しずけさにまさる
つよさはくて
言葉ことばなかではなに
てばいい
Ah ah wow wow wow
ながれて
たしかなことなど
なに
ただひたすらに
きみ
ゆめはまぶしく
もれ陽透びすかす
少女しょうじょ黒髪くろかみ
もどかしく
Ah ah きみしいものは
なんですか
きみしいものは
なんですか
さりげない日々ひび
つまずいたぼく
ほしかぞえる
おとこに なったよ
Ah ah wow wow wow
ながれて
とおひとからの
さそいはあでやかで
だけどたずねさまよう
かぜにも のりおくれ
Ah ah wow wow wow
ながれて
こころをどこか
わすれもの
ただそれだけで
つまはじき
幸福しあわせだとは
わないが
不幸ふこうぶるのは
がらじゃない
Ah ah きみしいものは
なんですか
きみしいものは
なんですか

ながれるほし
いまがきれいで
ただそれだけに
かなしくて
ながれるほし
かすかにえる
おもなんか
のこさないで
Ah ah きみしいものは
なんですか
ぼくしかったものは
なんですか