「親切」の歌詞 吉田拓郎

1990/9/15 リリース
作詞
吉田拓郎
作曲
吉田拓郎
文字サイズ
よみがな
hidden
いつのにかのことだけど
きみぼくしたしそうにくちをきく
ぼくなにしいのかはらないが
きみぼく友達ともだちになってくれたんだね

そんなに時間じかんはいらなかったよ
きみぼくうちるようになるまでに
何処どこだれカサンからいたのかはらないが
こころなかにまで土足どそくで ハイ失礼しつれいってね

ぼくはまだまだ時間じかんがいるんだよ
きみ事知ことしってるなんてうのもつらい
しんじてますなんてとてもえないよ
えなくなったのは、いつからかまでもわすれちまった

やさしそうなかおをしてちかづいて
でもにぎってぼくらは仲良なかよしさ
やるせないくらい勇気ゆうきして
今度こんどはどこでおうよなどとったりしてる

それ程気ほどきにしないでもいいんだよね
ぼく迷惑めいわくだなんてわないし
きみ気持きもちのいいひとなんだから
そうだ、そこまでかんがえる必要ひつようもないよね

そと毎日砂嵐まいにちすなあらしあるきにくい
くちなかがザラザラで、のどもカラカラ
そんなときでもきみいにてくれる
ぼくはカッコつけてピエロになってやるさ

面倒臭めんどうくさがりぼくなのに
どうしてなんだろう、やりきれないな
きみぼくこと とてもくわしくってるんだね
あゝ今日きょうもまたボブ・ディランのはなしかい、やだね

おもいがけないめぐりあわせでもないし
ただ、ぼくいにとききみ
へん親切しんせつ面白おもしろおとこだなとおもったし
それが今日きょうまで友達同志ともだちどうしとはおわらいだ

ぼくはそのるようながする
もうゴメンだ、もうとてもじゃない
これでりにしようとどちらがすか
そう、ぼくきみってもらえるとらくだね

今日きょうからぼくうちにいることにしよう
タバコのけむりでもながめていよう
まち相変あいからずのまつりばやし
サヨナラ、きみはもう背中せなかけなさい

あゝあたまなかなんていっぱいのドラマが
みんなみんな主人公しゅじんこうにおさまっててね
もうそれも今日きょうかぎりにしよう
サヨナラ、きみ親切しんせつ今消いまきえた