「BLUE」の歌詞 吉田栄作

1993/12/22 リリース
作詞
有賀啓雄
作曲
西塚三四郎
文字サイズ
よみがな
hidden
なが黄昏たそがれをただひとりあるいてた
あおひかりさがつづ

気付きづくとそこにはだれ姿すがたもなく
いてもただかぜぎてゆくだけ いまでも

かぞえきれないときえて
ここにいるのに
とおちかいそのひかり
なぜ つかめない

そら自由じゆうおよいでるゆめをみた
やさしいひとみのイルカたち
ただながれのままそれはすすんでゆく
ただながれのままあおひかりのほうへ つづいてる

かぞれないときえて
ここにいるのに
とおちかいそのひかり
いつ このうで

本当ほんとう自分じぶんがふとささやきかけても
かぜつよおか口笛吹くちぶえふいてる いまでも

かぞれないときえて
ここにいるのに
なつかしいようなそのかがやきを
つかみたいのさ

いつのにもどんなとき
かんじていたい
とおちかいそのひかり
このむねなか