1. BORO BORO歌詞

「BORO BORO」の歌詞 吉田栄作

1993/12/22 リリース
作詞
松井五郎
作曲
TSUKASA
文字サイズ
よみがな
hidden
あかしずかにうみけてゆく
シャツがはだければ なつかぜ
くだけいた おまえをいて
さよならに おびえてる おれ

昨夜きのう あいつとねむったんだろう
なのに くやしさじゃなぐれない
本気ほんきれた おまえのために
してやれた ことなんかないよ

かなしくて
なみだが BORO BORO
こんなに BORO BORO
さらけだす 傷口きずぐちしかない

くるしくて
こころが BORO BORO
ぬほど BORO BORO
いますぐに おまえだけがしい

いつもそばにいてくれるおとこ
きっとおんなには いいんだね
わけじみた さみしさてて
いさぎよく けりゃ いいかい

なのにまだ
なみだが BORO BORO
こんなに BORO BORO
いとしさを ごまかせやしない

このままじゃ
こころが BORO BORO
ぬほど BORO BORO
いますぐに おまえだけがしい