「天気雨すぎれば」の歌詞 名取香り

2007/12/5 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
バスタブにからだしずめていきをついたら
キミのひとみ またかんできた
ココロだってもうそんなにいたくならないし
大丈夫だいじょうぶだよ」 そうえるんだけど

バスていてば くるまさがして
偶然ぐうぜんえる 瞬間しゅんかんおも
元気げんきですか? しあわせですか?
のぞくみたいにたしかめたい

でもえなくていいの
とぎれたさきページ
おもえればまた
かなしみがのこ

もうえなくていいの
おんなじまち何処どっかで
あのころのようにキミが
わらっていればいい

ゆめはなときのキミのかお大好だいすきで
でこぼこのみち ならんであるいた
いつか背中せなか見送みおくるとかんじてても
アタシのあいたしたかったの

れた午後ごごつきよる
ソラ見上みあげて かんがえてた
あいしたこと あいされたこと
いたいくらいにホントだったね

もしえるとしたら
いますぐにんでくよ
ためいきえた季節きせつ
キスでめるのに

もうえなくていいの
キミのいたぬくもりに
「ありがとう」とえるコトで
チカラにわるの

かけがえない 大切たいせつなモノ
あたためたり 手放てばなしたり
そんなふうきずつきながら
ちゃんとあいせるがくるかな?

でもえなくていいの
とぎれたさきページ
おもえればまた
かなしみがのこ

もうえなくていいの
おんなじまち何処どっかで
あのころのようにキミが
わらっていればいい

もうえなくていいの
おんなじまち何処どっかで
あのころのようにキミが
わらっていればいい