1. 虹色蝶々歌詞

「虹色蝶々」の歌詞 和楽器バンド

2014/4/23 リリース
作詞
黒うさP
作曲
黒うさP
文字サイズ
よみがな
hidden
星空ほしぞらをひらりふわり くもかくれたつきよる
なんとなくまよんだ ほこりまみれのちいさな部屋へや

蝋燭ろうそくあかり……アカリ ちかとおくまたちか
灼熱しゃくねつこころ……ココロ そんな不器用ぶきようさに

ゆるやかにりて
あなたのそば羽広はねひろげた

おな世界せかいてみたいと
そんな視線しせんげかけてる

その指先ゆびさきれてみたら
何故なぜかとてもあたたかかった

どのくらいぎたでしょう えた部屋へやにふたりきり
きそうなかおをしてさ、べないわたしてる

ねがわくば、わすれて」と……
れが最初さいしょ最後さいごうそ

今手いまてなかつつまれたら あたたかくてひとみじる
そらおおったゆきはなさびしそうにながれたしずく

ヤサシイキモチオオシエテクレタ
セツナイキモチオオシエテクレタ

ソレハナニヨリモダイジナコトデ
わすれはしないよ

いつかどこかでまたえたら
きっとそばはねひろげて……

ゆき次第しだいあめとなって くも千切ちぎれてにじける
わたしはねおなじような とても綺麗きれいいろわる