1. 雨のち感情論歌詞

「雨のち感情論」の歌詞 大都技研社パチンコ CR吉宗4 天昇飛躍の極 テーマソング 和楽器バンド

2017/9/6 リリース
作詞
鈴華ゆう子
作曲
鈴華ゆう子
文字サイズ
よみがな
hidden
大抵たいてい嘘笑うそわらいはれて
デタラメな言葉並ことばならべていてた
迷走めいそうなかまれちて
常習的じょうしゅうてき毎日まいにちわたし

相変あいかわらずやさしいそら
いまだけははなさぬように

伝説でんせつ境界線きょうかいせん
さが見上みあげる夜空よぞら
番星向ばんぼしむかって
をかざしてみたり
単純明快たんじゅんめいかいだって
きみゆめみた銀河ぎんが
最果さいはての世界せかい
とどくとしんじていた


雷鳴らいめいひび砂漠さばく
すすむべき道外みちはずれてさけんでた
運命うんめい宿命しゅくめい狭間はざま
歴史上残れきしじょうのこすような足跡あしあと

そらならべたみちしるべ
いまこそははなさぬように

星群せいぐん臨界点りんかいてん
のぞ望遠鏡ぼうえんきょう
北極星向ほっきょくせいむかって
合図あいずあげてみたり
絶体絶命ぜったいぜつめいだって
きみつけた銀河ぎんが
最果さいはての世界せかい
神話しんわしんじていた
星座せいざから(ひらに)
こぼれた(ひとかけら)
にぎりしめて

標的未定ひょうてきみていだって
あめのちにながぼし

伝説でんせつ境界線きょうかいせん
もとかじをきるたび
番星向ばんぼしむかって
ねがいかけてみたり
単純明快たんじゅんめいかいだって
きみゆめみた銀河ぎんが
最果さいはての世界せかい
いまでもいきづく
神話しんわしんじている