1. 二杯目のお酒歌詞

「二杯目のお酒」の歌詞 和田アキ子

1977/3/5 リリース
作詞
千家和也
作曲
平尾昌晃
文字サイズ
よみがな
hidden
二杯にはいまででやめる
はずでんだおさけ
さびしくって せつなくって
あゝ あとをひく
あいつなんてきら
二度にどかおない
きにすれば
いいじゃないの
あゝ こいなんて
まなきゃ
いられやしない
わなきゃ
いられやしない
いいじゃない
むかえにくらいしたって
あゝ わたしをー
っているくせに
っているくせに
わたしれていることを

二杯にはいだけでかえ
はずでんだおさけ
かなしくって くるしくって
あゝ またまよ
あいつ たぶんよその
みせんでいるわ
おとこなんて 勝手かってなもの
あゝ けてくる
まなきゃ
いられやしない
わなきゃ
いられやしない
いいじゃない電話でんわ
ひとつなどくれても
あゝ わたしにー
っているくせに
っているくせに
わたしれていることを
っているくせに
っているくせに
わたしれていることを