「月」の歌詞 和田アキ子

1994/9/25 リリース
作詞
桑田佳祐
作曲
桑田佳祐
文字サイズ
よみがな
hidden
とおとおうみへとくだしのかわのほとりをある
てのまちにたどりくころ そらいろかなしくえる
かえ故郷ばしょはるどおくなる
やわらかなむねかれてみたい
きみました つきはなけてきました
嗚呼ああ…………

あおつき路地ろじらし ながかげ孤独こどくかた
ひとゆめかんでちて されどあかはまたのぼ
きながらとり何処どこかえるだろう
れたよるもひとりじゃつら
きみました 他人たにんのままで れていました
嗚呼ああ…………

なつそらながれるほしは さわぐむねをかすめてえた
なみおとかなしみをしろすななみだがにじむ
罪深つみぶかかぜはだもえやす季節とき
いながらひとかれてみたい
きみました 月夜つきよ蚊帳かやれていました
嗚呼ああ…………

れてえます 今宵こよいつきけてきました
嗚呼ああ…………