1. 残された時間歌詞

「残された時間」の歌詞 和田アキ子

2011/11/30 リリース
作詞
秋元康
作曲
羽場仁志
文字サイズ
よみがな
hidden
いつしか そら
薄暗うすぐらくなって
ネオンとほしともった
見慣みなれたまち
とおざかるようで
なみだまらなくなる

おもったより
みじかかった
夕陽ゆうひまでの
道程みちのり

のこされた時間じかん
なにができるだろう
ゆめうのか
まぶしいわかさを
おも
あの木漏こも
かげになる
のこされた時間じかん
なにができるだろう
今日きょうわるまえに…
最後さいごねがいが
いくつもあるから
ひときたいとおも

未来みらいきゅう
現実げんじつになって
いまみち
大事だいじなものを
わすれてたようで
だれかにはなしたくなる

いてたはな
見過みすごして
いまになって
づいた

ここから一人ひとり
どこへかえばいい?
あいたされるのか?
出会であいとわかれが
まじわって
さき
おな場所ばしょ
ここから一人ひとり
どこへかえばいい?
朝陽あさひ のぼまえに…
ねがいのすべてが
かなわぬからこそ
ひときたいとおも

のこされた時間じかん
なにができるだろう
ゆめは またられるか?
こころのかたちを
地図ちずにして
あるいてみよう
もう一度いちど
のこされた時間じかん
なにができるだろう
いのち きるまで…
このまれた
その意味いみりたい
みちは まだつづいている