1. 河 -River-歌詞

「河 -River-」の歌詞 和田アキ子

1998/2/11 リリース
作詞
森浩美
作曲
井上大輔
文字サイズ
よみがな
hidden
"これでわりや"
なんてうから
まちのざわめきも
きゅうんだ
本当ほんとうにあんた
それでいいの? と
きたい言葉ことば
んでいた WOO…
れてた きや
どんなに駄目だめ
あんたでも
気持きもちはずっと
わらない ずっと
ながれるかわうえ
かかったはしから
だまって小石こいしげた

朝日あさひのぼれば
またあたらしい
ひかりがこの部屋へや
めるけれど
ごした日々ひび
あんな出来事できごと
簡単かんたんには
わすれられないやろう
WOO…
しずかに いき
ころすようにねむ背中せなか
まるで子供こども
横顔よこがおのようで
時々ときどき いつか
おもしたらけそうな
つきんだ よる

だれかいなけりゃ
さみしいくせに
あんたいつでも
つよがってみせた
ゆめつづきをつぶやきながら
一体いったいどこへあるいてゆくの
水面みなもあお
あかいネオンがれるまち
わたしはここで
きてゆくつもり
あんたとわたし
かわのようにどこまででも
ひとつで ながれたかった
れてた きや
どんなに駄目だめなあんたでも
気持きもちはずっと
わらない ずっと
あんたとわたし
かわのようにどこまででも
ひとつで ながれたかった