「キミと季節と陽だまりと」の歌詞 和田光司

2008/8/1 リリース
作詞
和田光司,千綿偉功
作曲
千綿偉功
文字サイズ
よみがな
hidden
いつもキミだけを
おもってねむるから
夕晴ゆうば見上みあげては
季節きせつかぞえてる

あたたかなかぜ
おだやかになが
明日あす

どんなにとおはなれてても
おもいはかさなりっても
一人ひとりきりのよるえて
いつまでもおもいながら

いつもこの場所ばしょ
キミだけかんじてる
そんなだまりで
キミおもねむるから

こえるメロディーは
やさしくながれて
おな明日あす

どんなにとおえなくても
おもいはかさなりっても
きみねがいがかえ場所ばしょ
いつまでもおもいながら

いつかキミにえるように
どこまでもむかえにくよ
キミがねがうその場所ばしょ
このままであるきながら

どんなにとおはなれてても
おもいはかさなりっても
キミのねがいがかえ場所ばしょ
だまりをあるいてこう

いつまでもおもいながら