「アクアリウム」の歌詞 喜兵衛,桃華なゆた,ぽこた

2010/6/16 リリース
作詞
桃華なゆた
作曲
喜兵衛
文字サイズ
よみがな
hidden
かわいたよる たしたくて なぞるゆびしびれた
エナメルぐつ らしける 紫煙しえん路地ろじ 曖昧あいまい

つきうようにばす うではしなやかに
アスファルトのうみ おぼれたままで 夜明よあけをってる

ゆらり みずそこ きあって
偶然ぐうぜんの ように こいをした
またたきをゆる猶予ゆうよさえも ないようなまち

裏通うらどおりは セピアいろうわさがれ
あさねむかえして つないま息切いきぎ

少女しょうじょのまぼろし みつけられてつぶされ
琥珀こはく欠片かけらうつれた日々ひび びていく

あなたが えたら まどろみに
まれて ぼくぬのでしょう
がら景色けしき つめつづけて くらがりによど

つきもとめていても 此処ここにはちない
られるからだは 怠惰たいだのなかで ねむりつづけてく

ゆらり みずそこ もとめあい
よいわされて こいをした
硝子ガラスのドレスが 辛苦しんくらす 水槽すいそうまち

おぼれて しずんで ながされて
このまちだれもがねむれず
かわうみなか りにする 永遠えいえん刹那せつな