「めぐり逢えたね」の歌詞 国仲涼子

2004/9/29 リリース
作詞
渡辺なつみ
作曲
松本良喜
文字サイズ
よみがな
hidden
いにゆくよ かぜ何度なんどえて 笑顔えがお
めぐりえたね きみ

まれたときに まっているの?
あるみち運命うんめいだとか
おもうたびに さびしすぎるよと
すこはやあるいた

ひとり 見上みあげるそら なんて てしない
つよきたいけど なみだがまた あふれそうになる

いにゆくよ かぜ何度なんどえて 笑顔えがお
そのむねほし
むすこころかずだけ ひとはそう かがやくはず
めぐりえたね きみ

偶然ぐうぜんという おくもの
こいゆめ家族かぞくつく
ちいさきもの それがひとだけど
つなぐ しあわせがある

もしもこわれそうな 明日あす出会であっても
きみがそばにいれば ひとつひとつおもわる

青空あおぞらかぶ たくさんのくもまるで ぼくらの
姿すがたている
まよくじしんときをゆこう
めぐりえたね きみ

うねりげてちかづく未来みらいきみこころのビスをはずすなら umウー
このむねすべてしていい それが二人ふたりきていくしるし ohオー

いにゆくよ かぜ何度なんどえて 笑顔えがお
そのむねほし
むすこころかずだけ ひとはそう かがやくはず
あのかぜはな

青空あおぞらかぶ たくさんのくもまるで ぼくらの
姿すがたている
まよくじしんときをゆこう
めぐりえたね きみ