「ひとり暮らしブギ」の歌詞 國府田マリ子

1997/9/26 リリース
作詞
國府田マリ子
作曲
井上うに
文字サイズ
よみがな
hidden
人生じんせいながされ改札かいさつぬければ
いつもとおなじ かえりみち
コンビニどなりは焼肉屋やきにくやさんだ
マンションどなりはラブホテル
くらいお部屋へやかえってくるのもれたけど
ネオンのやつのバカヤロー

そういや昨日きのうは おつぼねさまと
あわれなあわれな みくらべ
家賃やちんぶんまで つこてしもうたわ
口座こうざのこりも てやんでえ
ユメはジュースに手軽てがるけるの たからくじ
うん実力じつりょく バカヤロー

あぁ ひとりらしブギ
らかってるふく あさのまんまで
オンナの部屋へやとは オシャカさまでも わかるめえ

あこがれてたのよ 少女しょうじょころから
ずっとゆめにみていたの
真夜中まよなか OK! 長電話ながでんわ OK!
ヒミツの伝言でんごん かれない
なのに3日みっか留守電入るすでんはいらずいいけどさ
ひとりぼっちの バカヤロー

あぁ ひとりらしブギ
昨日きのうのチカンに 今朝けさもバッタリ
オンナの代表だいひょう ヒールのかかとで ふんだろか

されど ひとりらしブギ
コンビニ弁当べんとう れりゃ天国てんごく
ユニットバスでも つかりゃゴクラク
明日あした明日あしたかぜ