1. みみかきをしていると歌詞

「みみかきをしていると」の歌詞 國府田マリ子

1995/9/5 リリース
作詞
戸沢暢美
作曲
亀井登志夫
文字サイズ
よみがな
hidden
みみかきをしていると
なんだかぼんやりしちゃいます
アタマのなか暗闇くらやみ
注意ちゅうい集中しゅうちゅうさせてるところ
いまだけわたしだれでもないの

みみかきをしていると
なんだか宇宙うちゅうかんじます
普通ふつう日々ひびの つかの
はるかな場所ばしょへの出口でぐちがあるの
いまだけわたしたびする意識いしき

気持きもちがいいの
ドキドキするの
気持きもちがいいの
時々目ときどきめじるの
けがしないようにやりたいの
こえているのは 自分自身じぶんじしん
なんて ひそやかないきづかい

みみかきをしていると
わすれたなにかをおも
むかしきらいな おばさんに
もらった人形にんぎょう花壇かだんめた
いますぐだれかにしかられたいの

気持きもちがいいの
ドキドキするの
気持きもちがいいの
指先ゆびさき しんじてるの
やすらぎそうな刺激しげきなの
だれひとり電話でんわかけてもこない
そんなシンとしたよるでした

気持きもちがいいの
ドキドキするの
気持きもちがいいの
時々目ときどきめじるの
ちゃしずかにさめてくの
こえているのは いとおしいよな
とても ひそやかないきづかい
ひそやかないきづかい

みみかきをしていると
みみかきをしていると・・