「コバルト」の歌詞 國府田マリ子

1998/7/24 リリース
作詞
八野英史
作曲
八野英史
文字サイズ
よみがな
hidden
なたでしろゆきはるげていた
ゆっくりと世界せかいうごはじめた まわはじめた

くも真夏まなつ水色みずいろそら
季節きせつがめぐってもわらないもの こわれないもの

くちびるのはしっこでキスをして
れる景色けしきている
ぼくらはあおかぜのようにね かぜのようにね

爪先つまさきとばしてすすむから
にもうつくしい場所ばしょ
うみさええる とりのようにね とりのようにね

クヌギばやし少年達しょうねんたちゆめ
陽光ようこうがしみこんだシャツをなびかせ かみをなびかせ

みみたぶをぶつけあってわらったり
こいふかみをおよぐよ
いつかはみのはなのようにね はなのようにね

くちびるのはしっこでキスをして
れる景色けしきている
ぼくらはあおかぜのようにね かぜのようにね