「青空のキモチ」の歌詞 國府田マリ子

1997/9/26 リリース
作詞
國府田マリ子,井上うに
作曲
松原みき
文字サイズ
よみがな
hidden
青空あおぞらいまつきぬけ
いつもの自分じぶんからぬけだそう
とお海色染うみいろそめてく
かぜのときめきかんじていたいよ

さっそうとして かけてゆく タフなひともいれば
ぶっきらぼうに あるいてるあいらしいひともいる
きみはただ現実げんじつなげくだけの日々ひびだね
なんとなくごしてる ときのカズだけれてる

青空あおぞらいまつきぬけ
いつもの自分じぶんからぬけだそう
とお海色染うみいろそめてく
そらふかさをかんじていたいよ

みっともなくて かえす そんな勇気ゆうきがあれば
滑稽こっけいなほどハダカでも きるキボウがあれば
きみはまた運命うんめいながされそうなんだね
さからったおもいだけ ひとみおくれてる

本当ほんとうはわかってる 自分次第じぶんしだい未来みらい
最後さいごまでしんじてる つよさがしい それだけ

青空あおぞらいまつきぬけ
いつもの自分じぶんからぬけだそう
とお海色染うみいろそめてく
きみ笑顔えがおにあいたい

青空あおぞらいまつきぬけ
いつもの自分じぶんからぬけだそう
とお海色染うみいろそめてく
そらふかさをかんじていたいよ