1. 水無月歌詞

「水無月」の歌詞 土屋明子

2004/6/9 リリース
作詞
土屋明子
作曲
土屋明子
文字サイズ
よみがな
hidden
この水無月みなづきあめにぬれて
こころいたみもわすれさせて
いつも右手みぎて
つないでたきみ
もうとどかない もどらない…

突然とつぜんしたあめ
2人並ふたりならんだおなかさした
にする景色けしき やさしいかぜ
あたたかいこえ 大切たいせつなもの
わらったね
めぇいっぱい
きみおもって
精一杯せいいっぱい いまは…
この水無月みなづきあめにぬれて
まぶしい あのころゆめ
およいで
あなたと
つないでた右手みぎて
いまあめをしのぐ
かさってる

わかえたとおもってた
しんえたって
おもっていた
「だんだん
きみのつくウソも
にならなく
なるのでしょう…」
いま 水無月みなづきあめ
たれて
あたしは いつまで
なげくのだろうか
どうぞ このさき未知みち
れますよう
そうでもおもわなきゃ
つぶれてしまう
まれゆく 幾千いくせんほし
幸運こううんやみをさまよい
そしてひと
いつかにゆく
ものなんだと…
わらったね
めぇいっぱい
きみにつぐない
精一杯せいいっぱい いまも…

この水無月みなづきあめつづ
きみがいたから
つよがってたんだ
あなたと
つないでた右手みぎて
今日きょうあめをしのぐ
かさってる…