「HIBIKI」の歌詞 土岐麻子

2011/11/23 リリース
作詞
土岐麻子
作曲
川口大輔
文字サイズ
よみがな
hidden
ああ つめるたびに
くるおしく けたたましく (Wow...)
なにかがふるえる
体中からだじゅう ひび

去年きょねんふくは すべてててしまった
無難ぶなんひと
えんじては きていた

いつのころから だれにもやさしいのは
本当ほんとうはただ
あきらめて いただけね

やっとかんじているがしてるの
本当ほんとう
よろこびもさみしささえも
これがあいかは らないけど

ああ つめるたびに
くるおしく けたたましく (Wow...)
なにかがふるえる
体中からだじゅう ひび

もう どうかえないで
って きずつけって (Wow...)
ふたつのたましい
ひとつにひび

まれたまち面影おもかげかくすように
らないみせがあらわれて またえて

わらないものなどなにもないと
あの日々ひび
しんじることにめてたの
それもまたあいしんじていた

ああ つめるたびに
くるおしく けたたましく (Wow...)
なにかがふるえる
体中からだじゅう ひび

もう どうかえないで
わらい ぶつかりい (Wow...)
ふたつのたましい
ひとつにひび

おろかとわらわれてもしんじてる
むねのふるえを

ああ うたびに
うつくしく 真新まあたらしく (Wow...)
ふたつのたましい
ひとつにかな

もう どうかえないで
ささやかに そしてつよく (Wow...)
ふたつの孤独こどく
ひとつの音楽おんがく
わってゆく

ああ かなしみさえも
きるよろこびなのかも (Wow...)
たましいのかけら
体中からだじゅう ひび

もう どうかえないで
いつかはなれたとしても (Wow...)
まずにいて