1. 天使達の歌歌詞

「天使達の歌」の歌詞 坂本サトル

1999/5/21 リリース
作詞
坂本サトル
作曲
坂本サトル
文字サイズ
よみがな
hidden
西にしそらにまだ
ほしのこふゆあさ
りんとしてかわいた空気くうき
ふかんで
さあ くんだ
たびはじまったばかり
あるいても はしっても
やすんでも
時々戻ときどきもどってもいいから
遠回とおまわりしても
まよっても けがれても
よごしてしまってもいいから
どうかそのたび
やめないで Ah
荷物にもつはバッグひとつだけ
大事だいじなものは全部君ぜんぶきみなか
いつだってせる
どこでも
どこにでもれていく
みちけわしいけれども
これから出会であ人々ひとびと
はる道端みちばたくさはな
こおりしたながれるかわ
そしてやがてひろがる
街明まちあかりでさえもが
つかれたきみ
いやしてくれるだろ

激励げきれい歓声かんせい
こころない言葉ことば
上手うまながして
わらわれてもなみだこぼれても
大切たいせつひと
きみのもとをっても
きみめたこと
ほこりにおもって
いつかきみだれもいない
ゴールで そのたび
しずかにえるても
みみませば
こえるはず
そらからそそ
祝福しゅくふく喝采かっさい
きみつつ
天使達てんしたちうた