「夜桜お七」の歌詞 坂本冬美

1994/9/7 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
あか鼻緒はなお
ぷつりとれた
すげてくれる
ありゃしない
いてけぼりをけとばして
けだすゆびがにじむ
さくら さくら
いつまでっても
ぬひとと
んだひととは
おなじこと
さくら さくら はな吹雪ふぶき
えてやした
はだより しろはな
びてわたしは
夜桜よざくらひち
さくら さくら
弥生やよいそら
さくら さくら はな吹雪ふぶき
口紅くちべにをつけて
ティッシュをくわえたら
なみだが ぽろり
もひとつ ぽろり

あつくちびるおしあててきた
あののあんた
もういない
たいしたこいじゃ
なかったと
すくめるかたかぜ
さくら さくら
いつまでっても
ぬひとと
んだひととは
おなじこと
さくら さくら はな吹雪ふぶき
いてかれた
二十歳はたちゆめのあと
おぼろ月夜づきよ
夜桜よざくらひち
さくら さくら
見渡みわたすかぎり
さくら さくら はな吹雪ふぶき
さくら さくら
さよならあんた
さくら さくら はな吹雪ふぶき