「夢ほたる」の歌詞 坂本冬美

1989/11/1 リリース
作詞
里村龍一
作曲
猪俣公章
文字サイズ
よみがな
hidden
青春せいしゅんのいのちを無駄むだにして
おれうもれて きるやつ
路地裏ろじうら二階にかい間借まがりの部屋へや
おそかえりの おれ
まえおれの おまえおれ
こころのおく
やすらぎともゆめほたる

肩身かたみせばめて ただ一人ひとり
さむ世間せけんえている
おまえがいのち半分はんぶんだよと
けばなみだで すがりつく
まえおれの おまえおれ
こころのふゆ
あたためてくれる ゆめほたる

裏街まち花屋はなやにベゴニアの
いろがこぼれて はる日和びより
かえらぬむかしくよりも
ふたりぼうかもう一度いちど
まえおれの おまえおれ
こころのそら
明日あしたはこゆめほたる