1. オレンジ色とゆびきり歌詞

「オレンジ色とゆびきり」の歌詞 坂本真綾

1997/4/23 リリース
作詞
坂本真綾
作曲
菅野よう子
文字サイズ
よみがな
hidden
なんにもすることが
つからない日曜日にちようび
そら手招てまねきして
んでるから
自転車じてんしゃさそった

きのうとなにもわらないまち
いつもとおなすみがって

でもね
やっぱりりないんだ
きみいろだけが

線路せんろこうの
ちいさなトンネル
けやきの公園こうえん
ジュースこぼした喫茶店きっさてん
夕日ゆうひがキレイな
さかだらけのまち
きみがいないまち
おもいでだけがそこらじゅうで
わたしわらいかける

くもからして
まちつつむオレンジいろ
あんまりらすから
なみだあとずかしくなった

きゅう坂道さかみちをたちこぎして
ぎゅうっとをつぶってりきった

せめて
ただ一度いちどだけでも
素直すなおになれたら

ブレーキかけずに
くだっていくさか
深呼吸しんこきゅうしたら
オレンジいろとゆびきりね
あともどりしない
もうつよがらない
つぎあさまでに
ホントの笑顔えがおとりもどすから
明日あしたれにしてね

ねえいつかきみこわしちゃったペン
ずっとてられないでいるんだ

やっぱり
やんなっちゃうくらい
きみがスキだから

ブレーキかけずに
くだっていくさか
深呼吸しんこきゅうしたら
オレンジいろとゆびきりね
もう一度いちどえたら
どこかでえたら
ホントの笑顔えがお
ホントの気持きもつたえるから
また勇気ゆうきけてネ
きっと