1. キミドリ歌詞

「キミドリ」の歌詞 坂本真綾

2003/7/30 リリース
作詞
坂本真綾
作曲
菅野よう子
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくおなくつだれかがとおぎてく
あのひとよりすこぼくのはよごれてるかな
いつのにこのまちぼくれてた
どんなときにきみぼくのことおもすの

ちゅういたままのあきれた正義感せいぎかん
ねえきみならきっとわらってくれるんだろ
大事だいじなものはなにひとつなくさなかった
いつもそばにやさしいキミドリ

いかけていく えない矢印やじるしをたどって
いくつもガラクタかかえて ぼくたちはわりつづける

ずっとむかしいた不思議ふしぎ物語ものがたり
ときえていまなにかをらしている
約束やくそくたすのはだれかのためじゃない
あのぼくしんじているだけなんだ

そらうつしたみずたまり
もしかしたらつながってる 秘密ひみつ入口いりぐち

なつにおいにまもられながら
かえ場所ばしょはいつもぼくなかひろがってる
どんなにとおくまでても

みみおくかすかに ほらこえる ぼくらのうた
はしゃいだ記憶きおくあと こえる ぼくらのうた

もしかしたらつながってる 秘密ひみつ入口いりぐち
いかけていく えない矢印やじるしをたどって
いくつもガラクタかかえて ぼくたちはわりつづける