「スクラップ~別れの詩」の歌詞 坂本真綾

2003/12/10 リリース
作詞
岩里祐穂
作曲
菅野よう子
文字サイズ
よみがな
hidden
これがかなしい出来事できごとならば やがてるためにあると
もう一度いちど一度いちど耳元みみもとでささやいてしい

きみらした風景ふうけいには むきだしのきず無数むすうにあり
少々しょうしょうかぜみるからまだいたりしてる

いつかれかけたままでほうっといた
古着ふるぎのジャケットのボタン かえみちくしてた それきり

ゆめにのまれてく つかれきったこえ
うば車輪しゃりんのように 線路せんろける
いしころみたいに りにされたのは
きみでもなく わたしでもなくて
上出来じょうできうそついていた あののふたり

あれがかけがえない季節きせつなら いまることは出来できない
もう二度にどと、二度にどと、さわれないねつぬくもり

使つかたしたあい言葉ことば まよ手放てばなした意味いみ
きみのため出来できことなんてきっとなにもなかった

気付きづくとはきずつくこと、だとおも
道端みちばたてられたごみのきよらかなたましい

ばたけ
ロクデナシのうた ゆめびと
れそうなこころこえ 線路せんろわた
かけちがえたボタン
すれちがうこころおと
弁解べんかいをしないあの冬空ふゆぞら
透明とうめいかがやいている
透明とうめいかがやいている

きみらしくあれ 自分じぶんのために

ゆめにのまれてく つかれきったこえ
うば車輪しゃりんのように 線路せんろける
ロクデナシのうた ゆめびと
よごれなき明日あす
もなきよる
あいしてる そんな簡単かんたんなひとこと
しいから それでもきる
わたしたちは
あい希望きぼうのものがたり
あい希望きぼうのものがたり