「ボクらの歴史」の歌詞 坂本真綾

1999/12/16 リリース
作詞
岩里祐穂
作曲
菅野よう子
文字サイズ
よみがな
hidden
きてる意味いみかんがえたけど わからない
あたまがクラクラしただけさ
たのしいことはわすれることなんてないし
つまらないことはねむくなる

ボクらの歴史れきしなら
ほんのすこはじまったばかりだよ

こんなひとになって
こんなひと出会であって
こんなものをべて
こんなくにたびして
たのしくやりたい

こいする意味いみかんがえたけど
なにひとつ こたえになるものかばない
ときめく気持きもくるしい気持きも
うらはらな自分じぶん交互こうごにやってくる

ボクらの歴史れきしには
けないなぞ いくつもかくれている

こんな仕事しごとをして
こんなスポーツをして
こんなふくたり
こんなデートをしたり
たのしくやりたい

明日あしたのことはよくわからないそれでも
未来みらいのことならわかる
自分じぶんのしたいことがなんなのか
みんなさがしてる途中とちゅう

きているかぎり(Go for it!) ボクらがえてゆく(Take it easy)
まれたからには(Don't give up!) ボクらがりひらく
こんなダンスをして(Go for it!)
こんなうたうたって(You can do it)
こんなゆめたり(Don't give up!)
こんなけんかをしたり
こんなふうにきて(Go for it!)
こんなふうにあそんで(Take it easy)
こんなふうになやみ(Don't give up!)
こんなふうにこいして
たのしくやりたい ボクらは
たのしくやりたい