「レプリカ」の歌詞 M3~ソノ黒キ鋼~ ED 坂本真綾

2014/8/20 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ひとしずくちた みず感触かんしょく
ぼくいているのか なにをなくしたかわからないのに
それはもう二度にどもどらない そんながするだけ

人類じんるい失敗しっぱいのぞんだこと つきまとうかげかうちから
武器ぶきけたその標的ひょうてきかがみうつった自分じぶんだなんてづきもしなかった

にじんでる歩道橋ほどうきょうのらくがき いてかれた自転車じてんしゃ
だれかのかえりをってる
みとめて ただ存在そんざい
ぼくこそがオリジナル あるいはそのレプリカ
ぼくらの証明しょうめいはどこにある

人類じんるい欠点けってんえもしないくせに あいとかきずなとかしんじられること
ぼくつみはうたがったこと べられたきみ右手みぎて はじめてたヒカリ

ぶつかり まじわり ぼくらは進化しんかする
からやぶおと唯一無二ゆいいつむに産声うぶごえ
さあ、ひび

すべてわるさいごのときぼくなにだれおもうのだろう
選択肢せんたくしはきっと何万なんまんとおりもあって
でもしいのは えらべるのは たったひとつ

人類じんるい欠点けってんえもしないくせに あいとかきずなとかしんじられること
ぼくつみはためらったこと べられたきみ右手みぎて はじめてたヒカリ
ぼくらは―――