1. 夜歌詞

「夜」の歌詞 坂本真綾

2003/12/10 リリース
作詞
岩里祐穂
作曲
菅野よう子
文字サイズ
よみがな
hidden
まどすこひらいたらすべりあたたかかぜ
馬鹿ばかげてるわたし嘲笑あざわらってるように
ひとはけっこう苦痛くつうにもえられるものだって
ぼんやりおもってる 不毛ふもうよる

いとしさが二人ふたりつな唯一ゆいいつのものなら
ただあなたの気配けはいを ただあなたのにおいを…

たしか あなたがいてった
かすかな手触てざわりやこえみかけのグラスとか
さがすけどなにもない
さっきまでつつまれながら
ひとつになれたはずなのに
すくいあげるみずのように跡形あとかたもなくえてゆく

ひときになることちすくむ理由りゆうはない
自分じぶんはげしさにはじめて
あいけばきながら神話しんわにもなれるだろう
自分じぶんのずるさもはじめて

さびしさが二人ふたりつな唯一ゆいいつのものでも
ただわたしおもいを ただわたしくるしみ…

どうかきしめてしい
わすれないでいてしい
のないぬかるみにあしをとられてる
だれきずつけてきて
いつかわたしきずつくの
あいしてもあいしてもあなたをあいりない

さっきまでつつまれながら
たしかめったはずなのに
すくいあげるみずのように跡形あとかたもなくえる
どうかきしめてしい
わすれないでいてしい
のないぬかるみにあしをとられてる
だれか… きずつけて
いつか… きずつくの
あいしてもあいしてもあなたをあいりない