「月と走りながら」の歌詞 坂本真綾

2005/10/26 リリース
作詞
浜崎貴司
作曲
浜崎貴司
文字サイズ
よみがな
hidden
なつにおいを わすれるような
あき気配けはいつつまれるよる
えきのホームで 今日きょうはおわか
ふたり階段かいだん のぼ手前てまえ

言葉ことばはうつむいて ぎこちない「おやすみ」
つたえきれぬ こころをまたりに

最終電車さいしゅうでんしゃるまでの あと数分間すうふんかん
つき今夜こんや綺麗きれいね」と 勇気ゆうきのないセリフ
わる季節きせつなが
き」とえぬわたし

なんでもはなせる いだから
わりこわれる ことおそれる

まえ車内しゃないんで「サヨナラ」
まるとびら ガラスせる笑顔えがお

最終電車さいしゅうでんしゃうご今日きょうもまた
「これでかった」とひとごと くちにしないセリフ
さわ微熱びねつおさ
つきはしりながら つのおもいのまま 「き」とえぬわたし