「木登りと赤いスカート」の歌詞 坂本真綾

2001/3/28 リリース
作詞
yuho iwasato
作曲
yoko kanno
文字サイズ
よみがな
hidden
5ねんぶりの大雪おおゆきあさ ふたり出会であった
ちいさなきみのびして けた2かい窓辺まどべ
偶然ぐうぜんぼくったのさ

あれからどこへくのもいっしょ
わらいじょうごだけどむしきみ
ぼくの羽根はねでナミダふくから
いつだってぼくはびしょれでこまった

ぼくがむかし天使てんしだったころ
きみはすべての世界せかいえた
すべてとはなしができた

学校がっこうにあがるはじめての
ちこくしたぼくたち
おんなのくせにきみ木登きのぼりが得意とくい
いちごみに夢中むちゅう迷子まいごになったり

そしていくつのふゆはるなつぎたっけ
きゅうにきみ無口むくちになった
むねのポケットで元気げんきづける
ぼくのこえももうこえない

ぼくがむかし天使てんしだったころ
きみ毎日まいにち 夢見ゆめみてすごした
すべてがかなうとしんじた

大人おとなになったきみ
ぼくの姿すがたえない
天使てんしぼくもナミダをながすってこと
はじめてったよ そのとき

つばさてたぼくがきみ出会であったのは
2年前ねんまえのやはりゆき
見間違みまちがうくらいうつくしくなったきみ
まえっていた

ぼくはいまは天使てんしじゃないけれど
二度にど天使てんしもどれないけれど
きみがしあわせにくらせるように
ずっとそばにいてあげる
きみかなしませるもの
すべてからまもってあげる