「真昼が雪」の歌詞 坂本真綾

2003/12/10 リリース
作詞
岩里祐穂
作曲
菅野よう子
文字サイズ
よみがな
hidden
あなたのことをおもうと
ほんのすこむねいたむのは
まだかすこころ
そこあたりにのこっているから

見慣みなれた道端みちばた
わすれてひかゆき
一日いちにちが、一月いちがつ一年いちねんぎて、
またながれてゆくけど

あなたがそこにいるだけで、
とてもやさしくなれたの
あなたのうであたたかで、
とてもしずかになれたの

ふゆからはるへとかう
れた午後ごごはなびらがおど
一瞬いっしゅんえるために
はかなゆきのようなおも

二人ふたりでいることがたりまえだった日々ひび
おもうより特別とくべつ季節きせつだったんだと
あとになってがつく

ここにあなたがいるなら、
わらおうとしてくだろう
もしもあなたに出会であえても
とおくからそっと見送みおくろう

あのころ現在げんざいあいだに、えない亀裂きれつがあるから
まだ一人ひとりではわたれない

あなたがそこにいるだけで…
あなたのうであたたかで、
とてもやさしくなれたの
のひらからってく
おもをいま見送みおくろう