「誰のことを一番愛してる?」の歌詞 坂道AKB

2017/3/15 リリース
作詞
秋元康
作曲
佐久間和宏
文字サイズ
よみがな
hidden
こんなにくるしいおも
まれてからはじめてだ
あいしずかにくるわせる


こころそら
くもかって
つきえなくなった
どれだけてば
暗闇くらやみなかひかり
すのだろう


想像上そうぞうじょうのジェラシーのとり
はねひろげながら
その真実しんじつ うたがうように
おもたくかって
あのゆめにうなされてしまう

だれのことを いち番目ばんめ
あいしてるのか おしえて
眼差まなざしでいたのに
まぶたじて
げようとしてる
そう わたし二番目にばんめだって
わかっているからりたいの
あなたはわたしのすべて
ひとめするためには
だれころせばいいのだろう


まどのガラスに
いききかけ
くもばしたかった
かぜっても
満月まんげつのかたちまで
わない

圧倒的あっとうてきかなしみとか
孤独こどく かかんで
自分じぶんだけのその正義せいぎ
何度なんど絶望ぜつぼうしてる
この日々ひび苦痛くつうでしかない

だれのことを いち番目ばんめ
あいしてるのか おしえて
こうつめ
めるように
こたってる
二番目にばんめ以下いか他人たにんってこと
だれだれだってかまわない
わたしはあなたのために
このいのちえに
だれころせばいいのだろう

うしなうものと
にするものは
おな価値かちとはかぎらない
あいしていても
あいされていても
たされない
メビウスの

だれのことを いち番目ばんめ
あいしてるのか おしえて
眼差まなざしでいたのに
まぶたじて
げようとしてる
そう わたし二番目にばんめだって
わかっているからりたいの
あなたはわたしのすべて
ひとめするためには
邪魔じゃまするものたちして
わたしだけの世界せかいがいい
だれころせばいいのだろう

うしなうものと
にするものは
あいしていても
あいされていても
未来みらいやみ
ふかくなるだけ