「高崎線」の歌詞 坊っちゃん

2012/6/13 リリース
作詞
井手上誠
作曲
坊っちゃん
文字サイズ
よみがな
hidden
どこまでくの はやかなきゃ きみのもとへ きみのもとへ
なにをしてるの はやわなきゃ きみこときみことが…

七度八分ななどはちぶねつニモマケズ きみのもとへ きみのもとへ
オレもおとこだ サシでわなきゃ きみこときみこと

「アタマでかんがえるよりは カラダでかんじるほうがき」
そんなのは そんなのは大嘘おおうそだろう?

赤羽駅あかばねえきえて 大宮駅おおみやえきりるのさ
あいするきみまち全速力ぜんそくりょくかうのさ

ロマンチックな 映画真似えいがまねては きみのもとへ きみのもとへ
なにくとも 覚悟決かくごきめなきゃ きみこときみこと

線路せんろ沿ってあるいたら わたしはどこまでもけるの」
そんなのは そんなのはわけだろう?

赤羽駅あかばねえきえて 大宮駅おおみやえきりるのさ
あいするきみまち全速力ぜんそくりょくかうのさ

大宮駅おおみやえきいたらば きみいえまであとすこ
もうすぐきみえるのに どうしてがするのかな

真実ホントことうならば あいするきみはもうない
記憶きおくなかきみならば 現在ホント僕見ぼくみなんう? 現在ミライ僕見ぼくみなんう?

だれもがねむるそのまちで タバコのけむりだけが