「きみのために」の歌詞 城南海

2010/3/17 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
おそれもまよいも つつんだように
ただまっすぐびた眼差まなざ
ぼくはきみの言葉ことば すべてめて
いつもとおなじようにうなずく
一緒いっしょあるいたこのみち
いつしかわかれてしまうこと らずにたけど
きみがわらえば ぼくもうれしくて それはいまでもわらない

きみのために ぼくのために このみちあるつづけよう
かないとちかう きみのやさしさでふるえていた
さよならをげた その言葉ことばが ありがとう そうこえた
ぼくには そうこえた

孤独こどくなやみも かちうぼくらは
ただうようにごした
きみがもたれた ぼくのかたすこしだけ
さみしくて戸惑とまどってしまうけど
一人ひとりあるいていく 明日あしたえがくことは
まだくるしくてできないけど ちかうよ
つよくなれるように やさしくなれるように
あるいた日々ひびわすれない

きみのために ぼくのために すすむべきみちあるいていく
つよがりに気付きづいた きみのやさしさでふるえていた
さよならにこたえた ぼくの言葉ことばいとしさで ひびいていた
いつまでも ひびいていた

あるいた日々ひびわすれない

きみのために ぼくのために 顔上かおあげてあるいていこう
かないとちかう きみのやさしさでふるえていた
さよならをげた その言葉ことばが ありがとう そうこえた
ぼくには そうこえた