「小夜啼鳥」の歌詞 城南海

2013/11/20 リリース
作詞
夏蓮
作曲
川浦正大
文字サイズ
よみがな
hidden
そそ花片はなびらてのひらけてみる
果敢かかんなくて色褪いろあせる ときいとおしくていた

あてもないたびつづけてる 旅人たびびとはふとあしめる
あのから こんなにとおくに
そっと 眩暈めまい

小夜啼鳥さよなきどり ほしもない よる何処どこかからうたってる
もうえない やさしいこえ なつかしい あたたかな
もどれない 昨日きのうのこと

かたちのないおもいが ひとをこのつなぐよ

出逢であうたび いつかわかれ もうってしまっているから
しあわせな 瞬間しゅんかんにさえすな
ちる おとこえる

小夜啼鳥さよなきどり なぜひとは それでもよるひとくの
ねがわないとつからない ゆめみち たどりながら
まよっても きずついても

小夜啼鳥さよなきどり ほしもない よる何処どこかへとんでゆく
もうすぐまたあさるよ うつ夜明よあけのあお
ひかりあれ いのちたちに