1. 北斗を仰ぎみれば歌詞

「北斗を仰ぎみれば」の歌詞 堀内孝雄

1989/5/25 リリース
作詞
荒木とよひさ
作曲
堀内孝雄
文字サイズ
よみがな
hidden
もしもちがった人生じんせい
あるいたとしても
あつこころおれ
みちづれにしていた
そら北斗ほくとほし
あおぎみれば
ひと運命さだめ
はかなくいとしい
きざまは おれのもの
たとえ時代じだいわっても
きざまは ひとつだけ
夢追ゆめおいすぎると
われても

いつかひとつの生命せいめい
てることあれば
いをのこさずおれ
目頭めがしらじよう
かぜ背中せなかをたたけ
ゆきもれよ
きるあかしが
試練しれんであるなら
きざまは おれのもの
ゆめふるびてしまっても
きざまは ひとつだけ
少年しょうねんのままで
いたいなら

きざまは おれのもの
たとえ時代じだいわっても
きざまは ひとつだけ
夢追ゆめおいすぎると
われても
夢追ゆめおいすぎると
われても