「夢見鶏」の歌詞 堀内孝雄

1998/5/21 リリース
作詞
荒木とよひさ
作曲
堀内孝雄
文字サイズ
よみがな
hidden
ときにはひとり なみだおぼれて
ベッドにもたれて そっとかせて
ときにはひとり あんたをうらんで
かなしいおさけ心酔こころよわせて

真夜中まよなか夢見鶏ゆめみどり
かれりゃ ふるえも とまるのに
あんたが 情愛あいだよ
あんたがきだよ
いまでも こころなか

ときにはひとり どこかの酒場さかば
むかし恋唄こいうた ぽつりとうたって
ときにはひとり つめたい身体からだ
あんたのわりを だれつけて

真夜中まよなか夢見鶏ゆめみどり
んでりゃ かなしくなるくせに
あんたが 希望ゆめだよ
あんたがしいよ
いまでも こころなか

真夜中まよなか夢見鶏ゆめみどり
かれりゃ ふるえも とまるのに
あんたが 情愛あいだよ
あんたがきだよ
いまでも こころなか

いまでも こころなか