「夢酔枕」の歌詞 堀内孝雄

1995/1/25 リリース
作詞
荒木とよひさ
作曲
堀内孝雄
文字サイズ
よみがな
hidden
きながら ませて
あんたがげたから
からっぽの こころ
さけをつぎたして
きながら ませて
もう一度逢いちどあえたなら
むかしのあたしに
いますぐもどれる
そとあめ みぞれのあめ
それともなみだあめ
やさしさなんか
こいしくないよ
ぬくもりなんか
しくはないよ
どうせ ひとりの
夢酔枕ゆめよいまくら

おもわせて
あたしがわるいから
きてきた 今日きょうまで
一番惚いちばんほれていた
おもわせて
なみだれるまで
あんたのほかには
ゆるしてないから
そとあめ らずのあめ
それとも未練みれんあめ
ためいきつけば 面影おもかげだけが
あかりせば 雨音あまおとだけが
どうせ ひとりの
夢酔枕ゆめよいまくら
そとあめ みぞれのあめ
それともなみだあめ
やさしさなんか
こいしくないよ
ぬくもりなんか
しくはないよ
どうせ ひとりの
夢酔枕ゆめよいまくら