「春に追われて」の歌詞 堀内孝雄

1998/5/21 リリース
作詞
堀内孝雄
作曲
川村栄二
文字サイズ
よみがな
hidden
はなよりもうつくしく このこい るならば
ゆめなか いつまでも かれていたい
あいされた歳月としつきこころ宿やどしても
かなしみをりだして てること出来できない

あゝ:ああ はるわれて 口紅くちべにひとつ
綺麗きれいなときは きっとみじか

うらんでも ゆるしても いたくなって
なみだあめ こころあめ あらながして

指先ゆびさきおぼえてる このこい って
ちがうひと あいせたら いたりしない
やさしさとぬくもりが 身体からだにしみこんで
せつなさの 半分はんぶんてること出来できない

あゝ:ああ はなわれて 夕月ゆうづきひとつ
しあわせなんか きっとまぼろし

はなれても とおくても こいしくなって
わすあめ こころあめ あらながして

わすあめ こころあめ あらながして