「さまざまな愛」の歌詞 堂本剛

1999/8/4 リリース
作詞
堂本剛
作曲
堂本剛
文字サイズ
よみがな
hidden
まだながいとえる人生きょりじゃないけど
かぞえきれないくらいのさかのぼって
くるしい風辛かぜつらかぜむねめた
すこ息切いきぎれをかんじながらもすすんだ

自分じぶんまもるために あまえたり愚痴ぐちいたり
そう自分じぶんはらつんだろうけど
わら姿すがたなみだする姿すがた自分じぶんだろう

だれもがんだ旅路たびじなか
まよもあるさ 上手うまくいくもあるさ
それがぼくらさ

かなしい出来事できごとつまずいたならば
かざすんだ こわくはないんだ
かぜにはながれてるさまざまのあい

きみとのおもむねなかった
はかないものなんだって 気付きづいてたけど
背伸せのびしてごした二人ふたりこい
かえってきみおおきくなるって…

つよくなる必要ひつようなんかないさ
いま自分じぶんあいしてあるけよ
つよくなったかずだけ見失みうしなうだろう
あいつのいたみも きみつよがりも
くもるだろう?

すべてがうなずける毎日まいにちじゃないさ
あらそもあるさわかえるもあるさ
それがぼくらさ

相手あいてそらおよいではじめて
かんじるんだ辿たどくんだ
ぼくらにだって ながれてる

だれもがんだ旅路たびじなか
まよもあるさ 上手うまくいくもあるさ
それがぼくらさ

かなしい出来事できごとつまずいたならば
しのべるさ こわくなんかないさ
ぼくにもながれてる
さまざまのあいが そうぼくにもきみにも なくながれてる
さまざまのあいが そうかぜにもそらにも いつだってながれてる