「優しさを胸に抱いて」の歌詞 堂本剛

2015/1/1 リリース
作詞
堂本剛
作曲
堂本剛
文字サイズ
よみがな
hidden
一人ひとり部屋べやそら見上みあ
自分じぶんよわさに気付きづ
最後さいごぼくがつぶやいた言葉ことば
くちにするだけでもつらかったよ

わかれのふた文字もじおもいね…
二人ふたりには必要ひつようないとおもっていた
だけどこのままじゃさびしいよ
キミをすこしずつきずつけていくから

あのちかった約束やくそくまもれなかったよ
キミのなみだるたびにせつなくて
キミ以外いがいだれあいせないのは
かってたけど
いままでのやさしさむねいて…

そっとあおをゆるしたそら
つらなるふとした今日きょう
透明とうめいのようなくもとれて
ビルのれを見失みうしなっていたいんだよ

ぼくらの未来みらいがどこかで…
かなわないたびへと
辿たどいてしまってから
いとしい言葉ことばおもいも
キスでつづれど
軌跡きせきいていた

いろせない
こいにめぐりった不幸ふこう
おとたない
ページにかべたまま
キミ以外いがいだれあいせないよと
わずにいたよ
あい かたらずこいだったボクらをいて

あのちかった約束やくそくまもれなかったよ
キミのなみだるたびにせつなくて
キミ以外いがいだれあいせないのは
かってたけど
いままでのやさしさむねいて…

あの夢見ゆめみ
二人ふたり世界せかいまもれなかったよ
キミのなみだるたびにせつなくて
キミ以外いがいだれあいせないのは
かってたけど

いままでのやさしさむねいて

いままでのやさしさむねいて…