「街」の歌詞 堂本剛

2002/5/29 リリース
作詞
堂本剛
作曲
堂本剛
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくきてるこのまち
不思議ふしぎひそ呼吸こきゅうしてる
まだそれにづかず
きてんだろうなって
ななまえある
少年しょうねん大人おとななふり
ゆめ出来でき
てた
時折ときおむね
この少年しょうねん
あるいてくさき
不思議ふしぎがたくさん
いていますように
うそにぶたれるおと
きじゃないや
きずしみるけど
今日きょうたたかってたいな
あい見失みうしなって
しまう時代じだい
だれもがっているんだ
自分じぶんまも
きていく時代じだい
だからこそぼくらが
あいきざもう
きずついたりも
するんだけど
いたみまでも
見失みうしないたくない

きみ影揺かげゆれる
おおくなってるがする
ちっちゃいおとこ
わりたくないって
ひかりして
気付きづかぬ素振そぶりしてんだ
近頃ちかごろそら
やけにせまうつるな
きみおなじだろう
不安抱ふあんだきしめてんだろう
きみくるしめられない
保証ほしょう
このまちにもあれば
勇気ゆうきなしで
背中押せなかおしたけど
いまがかりだよ
つよがるときたとしたら
これはチャンスだって
きみならきっと
わらばせてるよね

このカラダ
まだけるさ
ゲームはまだ
わっちゃいないさ
あい見失みうしなって
しまう時代じだい
自分じぶんまも
きていく時代じだい
なにかをまもため
あいせるなんて
不細工ぶさいく
あい見失みうしなって
しまう時代じだい
まちもとめているんだ
自分じぶんまも
きていく時代じだい
だからこそタマシイが
あいきざもう
きずついたりも
するんだけど
いたみだけは
わすれたくないんだ