1. RAINBOW歌詞

「RAINBOW」の歌詞 堂珍嘉邦(CHEMISTRY),KEIKO LEE

2009/3/11 リリース
作詞
堂珍嘉邦,横田はるな
作曲
原田アツシ
文字サイズ
よみがな
hidden
んだそらの どこかににじているはずと
地図ちすうえ 辿たどってた
ちかづいていくほどとおくなる
七色なないろはしは いつもくぐれなかったね

めずらしい 3月さんがつあめ
最後さいごに とびきりの にじさがそう

さよならはきっと はじまりの言葉ことば
これからはじまるきみのグラデーション
とお場所ばしょから るほど綺麗きれい
どうかまだ たびきみいていないで

芽吹めぶきの季節きせつ花咲はなさ時間とき
ともあるくはずなんだとおもってた
わらいあうだけじゃえないもの
おしえてくれたよね きみはもう夢追ゆめおびと

こころらしたとおあめ
最後さいごにじはまだえないけど

さよならはいつも 約束やくそく言葉ことば
まだだれらないきみのグラデーション
夢見ゆめみ場所ばしょるためにひと
おそれずに わっていくのさ そら見上みあげて

おなそらおなかぜかれていた
あのにじよりえないでしかったものは まぶしかったその横顔よこがお

わりゆく季節きせつ わりゆくおも
わらないものは このむねにあるはず

さよならはいつも 約束やくそく言葉ことば
これからはじまるきみのグラデーション
そらえがこう カラフルなストーリー
七色なないろ笑顔えがおえる その時間ときまで