「忘れもの」の歌詞 堺正章

2008/5/21 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ときわすれもの
いくつあるだろう?
ここまで
ふとおも
はる彼方かなた
むね片隅かたすみ
かびえて
わらがお
ながしたなみだ
とお景色けしき

あのころのトランクは
いつしか色褪いろあせて
どこかぼくている

ひとだれもみな
たびのその途中とちゅう
まよいながら
みちをして
まり
また ある

ときわすれもの
何度なんど こいをして
二人ふたりきりで
夜明よあけのそら
ながめただろう
きみ偶然ぐうぜん
った街角まちかど
昔話むかしばなし
することもなく
すれちがったね

けば わかさとは
ひとみじた日々ひび
なにえなかったよ

みちはどこまでも
ずっと つづいてる
夕焼ゆうやけまで
まだ ありそうだ
もうすこ
あるこうか?

まれわっても
おなみち
わすれものは
ぼく足跡あしあと
おも
いはない