1. 街の灯り歌詞

「街の灯り」の歌詞 堺正章

1973/6/25 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
そばにだれかいないと
しずみそうなこのむね
まるでしおがひいたあとの
くらうみのように
ふれるかたのぬくもり
かんじながらはなし
もっともっと出来できるならば
いまはそれでいいさ
いきでくもるまどいた
きみ名前なまえゆびでたどり
あとの言葉ことばまよいながら
そっといった
まちあかりちらちら
あれはなにをささやく
あいひとつめばえそうな
むねがはずむとき

きなうたみみのそばで
きみのためにひくうた
あまいなみださそいながら
そしてった
まちあかりちらちら
あれはなにをささやく
あいひとつめばえそうな
むねがはずむとき